SSブログ
スポンサーリンク



 冬至とは? 柚子湯、かぼちゃ恒例の行事についてご紹介します! [日本の四季]

年の瀬も押し迫ってきました。
カレンダー上では、来週から、労働組合法制定記念日・冬至・天皇誕生日・東京タワー完成の日
・クリスマスといったイベントが続きます!
どうも天気の方もめまぐるしく変化がありそうですね!
このところ厳しい寒さをもたらしている冬将軍ですが、日曜日には一旦和らぐ様です。
そして月曜日には各地で雨が降る見込み。
比較的気温が高くなるので、雪になるのは北海道が中心になるとの事。
火曜日は冬至ですが、日差しの戻る所が多く、比較的穏やかな天気となりそうです。
ただ、水曜日の天皇誕生日は、西日本で雨が降る見込みで、この雨雲が東へ進み、やがて
木曜日のクリスマスイブには各地で雨となりそうです。
木曜日も気温が高く、北海道でも降るものは雪ではなく雨となるでしょう。
そして金曜日・クリスマスには、サンタとともに冬将軍もやって来て、全国的に寒さが厳しくな
るとの事でした。
日本海側では雪が降り、冬らしいクリスマスとなりそうです。
この先一週間は天気がイベントに合わせて、目まぐるしく変化していきそうですので、体調を
崩さないように注意してください!
  さて、一つの節目になる冬至の日に合わせて、様々な言い伝えや風習・行事について、紹介
させていただきたいと思います。



        冬至ってなぁに?

 冬至とは、二十四節気のひとつで12月22日頃です。
2015年の冬至は12月22日となっています。
YUZU0 二十四節気冬至
yuzu0.jpg

少し難しくなりますが、冬至の日には、太陽の位置が1年でもっとも低くなり、昼の時間が1年
の中でもっとも短い日となります。
そして、この日を境に太陽がまた高く上がっていくことから、陰が極まり再び陽にかえる日とい
う意味の、一陽来復(いちようらいふく)といって運気が上がる日と縁起をかつぎます。
また冬至にはかぼちゃを食べると良いとされていますが、これは「ん」の付く物を食べると「運」
を呼び込むと言われているからで、かぼちゃは「南瓜(なんきん)」と「ん」が付いていて、冬にと
れる栄養の高い食物だからです。

 二十四節気とは、季節の変化を知り農作業や生活に役立てるため、1年を分かりやすく24の
期間に分けたものです。
もともと、月の満ち欠けに基づいた太陽暦による日付が使われていたのですが、これでは太陽
の動きによって作られる季節との間にズレが生じてしまうので、農耕に不便なことから、古代
中国により二十四節気が考案されました。
地球は自転しながら太陽の周りを公転していて、このとき太陽の周りを1周する間に、地球は
365回の自転を行なっています。
この365回転で1年となり、それらを夏至と冬至の「二至」と秋分と春分の「二分」でそれぞれ
四等分したのが春夏秋冬の四季となります。
さらに四季のそれぞれ中間の立春、立夏、立秋、立冬の「四立」で八等分したのは「八節」と
いいます。
これにより一節の長さは45日となり、この一節をさらに三等分にして、15日づつに分割したもの
二十四節気となります。



冬至については様々な言い伝えや風習が残されています。

 まず、よく言われていることとして、冬至にはかぼちゃやこんにゃくを食べて柚子湯に入る
習慣があります。
冬至にかぼちゃを食べるのには、中風(脳卒中)や風邪を引かないとか、金運を祈願する意味
があります。
また、冬至かぼちゃは朝のうちに食べるとよいとか、四つ前(午前10時)に食べるとよいという
地域もあります。
YUZU1 冬至は開運の日?
yuzu1.jpg

「冬至にかぼちゃ」は現代的に解釈すると、緑黄色野菜の少ない冬にカロチンやビタミンの多く
含まれるかぼちゃを食べ、風邪等への抵抗力をつけようとした先人の知恵だと言えます。
実際にかぼちゃには、体内でビタミンに変化するカロチンがたっぷり含まれています。
ビタミンAは、肌をツヤツヤにし動脈硬化の予防(中風予防)になるだけでなく、皮膚や粘膜、
視力、骨や歯にも効果があるものです。
かぼちゃを食べて風邪知らず!
 昔の日本では冬至のころになると秋野菜の収穫も終わって、食べられる野菜もほとんどなく
なっていました。
そこで元気に冬を越せるようにと願いを込め、栄養もあって保存もきくかぼちゃは特別に大切
にして、食べていたようです。
冬にビタミンなどの供給源が不足した時代のかぼちゃは貴重なものだったといえます。
今は保存しなくても季節が日本と逆のニュージーランドなどから輸入物が豊富に入ってきます。
だから貴重品ではないけどこの時期、風邪予防のためにも食べるといいと思います!
又、こんにゃくを食べる風習があるのは、一年間たまった物の砂下ろしをするためだとか。



   冬至に「ゆず湯」に入るわけとは!

寿命が長く病気にも強い柚子の木にならって、柚子風呂に入って無病息災を祈る風習になった
と言われています。
実際ゆず湯は風邪予防にも効果が高いようですよ。

    ゆず湯の由来とやり方

お風呂にぷかぷか浮かぶゆず。
いい香りがただよってきて、体もぽかぽかしてきます。
でも、どうしてゆず湯に入るのでしょうね?


1 ゆず湯の由来は?

■本来は運を呼びこむ前に、体を清めて厄払いするための禊(みそぎ)です。
 昔は毎日入浴する習慣がなかったので、「一陽来復」にそなえて身を清めていたのでしょう。
 現代でも、新年や大切な儀式に際して、入浴する風習がありますね。
 昔から、強い香りがする植物で邪気をはらう風習がありますが(端午の節句の菖蒲湯
(しょうぶゆ)など)、冬が旬のゆずは香りも強く、邪気払いにぴったりです。
■ゆず湯には、ゆず=「融通」がきく、冬至=「湯治」という語呂合せもあります。
■ゆず湯に入ると1年間風邪をひかないといわれています。
 ゆずには血行を促進して冷え性をやわらげたり、体を温めて風邪を予防する働きがあり、
果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあります。
 さらに、香りによるリラックス効果もあるため、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。
 ぜひ一度 ゆず湯を体験して見てください!



 2 ゆず湯のやりかたは!

ゆず湯にはさまざまなやり方があるので、お好みで楽しんでください。
ゆず湯に入りながら「一陽来復」と唱えると、さらにハッピーになれるそうです。

■丸ごとお風呂へ
 1個~2個では香りを感じるほどにはならないので、たくさん入れたほうが良い。
YUZU2 22日は快湯館のゆず湯


■輪切りや半分にカットしてお風呂へ
 香りもよく、成分も出やすい方法。ただし、だんだんグシャグシャになってきて果肉や種が
お湯に浮いてくるため、お掃除がちょっと大変かもしれません。
YUZU3 ゆず風呂ゆず湯の作り方!半分にカット
yuzu3.jpg

■輪切りや半分にカットし、袋に入れてからお風呂へ
ガーゼなどで袋を作り、中身が出ないようにする。柚子が見えないのが残念ですが、香りや
成分も出やすくお掃除も楽。洗濯ネットでもOK。
YUZU4 ゆず風呂ゆず湯の作り方!ネットにいれる
yuzu4.jpg


■このほかにも様々な方法があり、合わせ技で楽しむこともできます
・皮を何ヶ所か削いで、丸ごと入れる。
・浅く切り込みを入れてから、丸ごと入れる。
・皮だけしか入れない。
・液をしぼって入れる。
・半分に切って熱湯でよく蒸らしてから、お風呂へ入れる。
YUZU5 ゆず湯の作り方!粉末のもの
yuzu5.jpg

※いずれも肌に刺激があるので注意してください。特に肌がデリケートな人は気をつけましょう。

ここもみてね!
   関連リンク先 : 妻の闘病記(悪性リンパ腫、劇症肝炎、生体肝移植、大腸癌)


nice!(60)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 60

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


スポンサーリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます