SSブログ
スポンサーリンク



大病のオンパレード・・妻は大丈夫か! ・・・ ① 悪性リンパ腫と診断されるまで [病気・健康に係る出来事]

今日は、平成27年の10月中旬、やっと過ごし易い季節がやってきました。

紅葉.png
紅葉

今まで私は、電子部品を作っている会社のサラリーマンとして前半は製品の開発・設計業務を担当。
後半は、物造りの管理職として、一心不乱に会社の為と思って、働いてまいりました。
それが、自分の使命だと思っていたのかもしれません。
 其の為に、子供3人の面倒は妻まかせ・・・年老いた痴呆気味の母親の面倒も妻任せ・・・
又妻は、子供を大学に行かせるために、私が稼いだぐ給料では不足する分を自分で稼いでいたのです。
今考えると、ずいぶんと無理をさせたな!と思います。
妻は、不平不満を口にすることは、全く一度もありませんでした。
こう言った事が原因で、後で妻が大病に侵される事になるとは、思いもよらず!

 今、過去を振り返えれば、私の晩年というと・・・妻の病気・・・しかも命に係わる大病との闘いに明け暮れた、”波乱にとんだ”人生だった気がします。
         
1 悪性リンパ腫と診断されるまで   
    
        
忘れもしない2001年の12月の初めのことでした。
義父から、会社に電話がかかってきて「娘(私の妻)の様子がおかしいので大学病院へ連れていってくれ」という。
どうも家に電話したら、妻が元気がなくて様子が変だから!・・・親子なので何か感じるところがあったのかもしれません。・・・
私も、出勤前に元気がなく食欲が全くないことに気付いていたのですが、「大丈夫寝てればよくなるから」と、妻の一言で、そのまま出勤。・・・

実は前々日、 妻が体調不良のために体に”ほかろん”を貼って温めて就寝しました。
朝起きてみると何やら右腕の付け根のあたりが、異常に何となくだるい!という。
見てみると、肩から乳房にかけて1センチから3センチくらいのしこりが数個できていました。
妻が「乳癌かしら」と言いながらも、私は「急激にできたものだから違うんでは?!
 とにかく近くの病院でみてもらわないといけないよ」と言い残し出勤しました。
その日は、会社が多忙で休めなかったのです。

朝9時すぎに、妻は近くの個人病院へ行きました。朝早かったせいか患者さんが少なく、すぐ見て頂く事ができました。
診察室に入ると、患者が少なくて暇だったのか先生が患者さんと、碁のゲームをやっておられたらしい。
不謹慎だなと思いながらも、すぐ診察していただけたらしい。
レントゲンを撮って、影らしきものを見ておられたが、判断が付きにくかったのか、そばの婦長さんに「癌は黒く映るのかな?白だったかな?」と聞いておられたそうです。
「大丈夫かな?」と思ったそうですが、診察結果は「癌ではなくてリンパ肝炎です」と言われた。

上記の結果のいきさつを、妻から聞いていたので、「仕事が落ち着いたら大学病院へ連れて行こう!」と思っていた矢崎・・・
そんなときに丁度、義父から電話がかかってきたのです。
すぐに、会社の上司の許可を取り、県立中央病院へ連れていく事にしました。
昼過ぎ救急外来で受け付けを済ませ、救急の先生に診てもらったところ、「検査入院してください。、明日、外科、腫瘍科の先生が見てくださる」との事。

中央病院島根県立.jpg
   島根県立中央病院
    
   関連リンク先      1   2   3   4   5   6   7   8

① 悪性リンパ腫と診断されるまで 
② 病名を告げられる 悪性リンパ腫と
③悪性リンパ腫の治療を終えて退院 やがて劇症肝炎に
④病名は劇症肝炎!!
⑤劇症肝炎が命取りに!救う方法は肝移植 不思議・・息子の血液型がA型からO型に?
⑥生体肝移植へ! 日本発の症例で 疑問視する人も? 
⑦手術が終わって やがてリハビリへ!! 意を決して退職!!
⑧大腸癌発症、手術


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


スポンサーリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます